催眠療法カウンセリングについて

単に催眠療法(ヒプノセラピー)を施すだけではなく、心理学に基づいたカウンセリング(心理療法)を重視した催眠療法(ヒプノセラピー)であるべき、という考えから「カウンセリング重視の催眠療法=『催眠療法カウンセリング』」と位置づけ、その普及を目指しています。

昨今、催眠療法(ヒプノセラピー)はできるが、カウンセリングを学んでいないヒプノセラピストが多いのです。しかし、それではクライアントはよくなっていきません。 催眠療法(ヒプノセラピー)において大事なのは、クライアントの方の悩みを理解するために行う催眠療法に入る前のカウンセリング。それを踏まえて催眠療法(ヒプノセラピー)の中で適切な『声かけ』、『誘導』をすることにより、抜群の効果を発揮いたします。

催眠療法(ヒプノセラピー)が有効な場合

人間には顕在意識(意識)潜在意識(無意識)があります。

人の悩みや苦しみは意識できるものと意識できないものがあります。 潜在意識からくる苦しみ・悲しみは言語だけのカウンセリングではなかなか良くなっていきません。

催眠療法は寝る前のうとうとしている状態(変性意識状態)にして暗示をしていくものです。そうすると普段ある意識が狭まり、潜在意識状態になっていきます。

しかし変わった自分になるのではなく、操られるものではありません。 私が何を言っているのか理解できますし、言いたくないことは言わないでいられ、やりたくないことはやらないでいられます。 テレビや映画を集中して観ている状態、ゲームなどを夢中にやっている状態はまさしく催眠状態です。 潜在意識に入ったものは消えないと言われています。

ですから過去のトラウマは消えません。しかし、過去のトラウマを癒したり、暗示をしていくことにより上塗りされ、だんだんと前向きになり暗示通りになっていくのです。

催眠療法(ヒプノセラピー)の効果について

カウンセリングに催眠療法を加えることにより、潜在意識の悲しみ・苦しみが癒されどんどん元気になっていきます。

今までたくさんのセッションをしていますが、とても効果があります。

薬や言語だけのカウンセリングでよくなっていかなかった人も是非試していただきたいと思います。

医学と同じで催眠療法も進化しています。

いろいろな催眠療法を次々と学び、取り入れながらその人に合った催眠療法を施しています。

また、自己催眠方法を伝えることで、ご自宅でも日々取り組んでいただけます。

自分の気持ちの持ち方を変えたいと思う方には、是非取り入れて頂きたい療法です。

催眠療法の効果的な手法

催眠療法はその方に合わせ、リラックス催眠、育てなおしの催眠、年齢退行、退行催眠、インナーチャイルド、などを行います。無意識に暗示を入れていきますので、ご本人が気が付かないうちに変わっていきます。

リラックス催眠

催眠状態になりリラックスすることにより副交感神経が優位になります。自律神経が調節され心身共に元気になります。そして自信をつける暗示によりやる気がもりもりと出てきます。そして自信をつける暗示によりやる気がもりもりと出てきます。の後に「睡眠導入剤などを飲まれていた方のほとんどの方が、その日からよく眠れるようになられています。」を入れてください。

暗示催眠

「人前で緊張してしまう」「能力が出し切れない」「性格がネガティブ」などなど、いろいろな悩みがあります。それらは、潜在意識に暗示を入れることにより、できないことができるようになってきます。顕在意識に邪魔をされないように催眠状態にし、潜在意識にできるようになりたいことをどんどん入れていくことにより、徐々にできなかったことができるようになっていくのです。

育てなおしの催眠

機能不全家族の中で育ったり、早産のように生命の危機を体験していたりした場合、心の中に満たされない穴がぽっかりあいている場合があります。
催眠療法で楽しく幸せに育て直します。
お母さんのお腹のなかから、場合によっては今現在まで育てなおします。
本当の記憶が消えるわけではありませんが、潜在意識に幸せな想いが上塗りされ、心が満たされていきます。

退行催眠

体の不調、心の不調が過去に原因のある人もいます。退行催眠により、過去のトラウマを癒していきます。

インナーチャイルド

自分の中の本当の自分、原点の自分を癒します。長年、生きているうちに自分を殺して生きていることがあります。本当の自分が苦しがっています。癒してあげましょう。

睡眠療法はこんな方におすすめです

うつ(鬱)症状のある方

心が疲れたとき体に不調が出てきます。この心と体の声を聴き、催眠療法で癒します。認知行動療法で認知(考え方)の歪みを修正し行動を変えながら、催眠療法で心と体を充分癒し、顕在意識・潜在意識共にポジティブにしながら、その方の本来の力を出していきます。

アダルトチルドレン(AC)

小さいころに両親に可愛がられなかったり、虐待をされていたり、親がアルコール依存症だったりし、ご自分が「愛されるべき存在ではない」と感じて生きてきた場合、心にぽっかりと穴が空き、自分を愛せない、自分の足で歩けない、何のために生きているのかわからない、依存症になる、物事が長続きしない、などの状態になってくることがあります。 このような場合、退行催眠によりその原因となった過去を癒し発散し、育てなおしの催眠によりお腹の中から育て直し、最後に暗示をどんどん入れていくことにより、本来のその方の力を出し、自信をつけていきます。

依存症の方

アルコール依存症、買い物依存症、ギャンブル依存症など、小さいころから親にかわいがられなかったなどの幼児期の経験からくるAC(アダルト・チルドレン)によりあらゆる依存症になる場合があります。
その場合、上のAC(アダルト・チルドレン)の治療と同様に、育て直しの催眠で満たされます。お腹のなかの赤ちゃんからやり直し、満たされていきます

トラウマ、つらい過去の経験

思い出したくない過去がある・・・退行催眠でその場面にいき、そのときの気持を吐き出し、癒します。そして暗示をどんどんしていくことにより、なりたい自分に向かっていきます

対人緊張のある方

人前で緊張してしまう・・・人前で堂々と楽しく話している暗示で、そのようになっていきます。

不眠症の方

リラックス催眠で副交感神経が優位になり、眠れるようになってきます。

もっと自分の能力開発をしたい方

私たちには本来、無限の潜在能力があります。「火事場の馬鹿力」もその一つだと言われています。催眠療法により潜在能力の開発をすることができます。
その方に思い込みがある場合は、その原因となった過去に戻って癒し、暗示をすることにより記憶力・暗記力・判断力・集中力・注意力などを開発していきます。

悪癖の矯正

無意識にアプローチしていくので、だんだんと癖が直ってきます。

ストレスに弱い方

今の時代、子どもからお年寄りまでストレスを抱えていると言われています。催眠療法により、ストレスに強くなっていきます。

また、溜まっているストレスを催眠療法で取ることにより、すっきり楽になり、肩こりが軽減する方もおられます。 毎日のストレスをその日のうちに取るように自己催眠をお教えしご自宅で実行していただきます。

その他

心や神経が疲れてしまった場合、その症状にあわせた催眠療法をいたします。